プレスリリース

2022.04.28
 

クリエイターズショップ・ループ2022、4月29日スタート

創業をめざす若手クリエイターが期間限定で出店するクリエイターズショップ・ループ(Loop)。2022年4月29日(金・祝)、2022がスタートします。

2022年2月から3月にかけ、出店者募集の公募をおこない、サンプル商品および事業計画を元にした厳正な審査と面接の結果、12者が2022出店者に選ばれました。11ヶ月間の通年出店者には新規出店者1者が加わり、計4者が出店権利を獲得。また、好評の期間出店者には9者が選出、通年出店者に加え、約41日ごとに異なるクリエイターが参加します。

■2022出店者(ブランド/代表者)
通年出店
出店期間:2022年4月29日(金・祝)~2023年3月29日(水)
n’ui/岩崎久留美
靴下のhacu/中村美穂*新規
SAMO serendipity/大崎綾
ツムギラボ/谷佳津臣
期間出店(上記期間中、約41日間で交替)
期間1(4月9日~6月8日):Haya/中村紋佳
期間2(6月10日~7月20日):Pushpin by Seymour Chwast/今枝和仁*新規
期間3(7月22日~8月31日):cucuri/山上正晃
期間4(9月2日~10月12日):NUSA/岩田康行
期間5(10月14日~11月23日):wt/脇坂詩乃*新規
期間6(11月25日~2023年1月4日):BLACK LEATHER WORKS/深見俊介*新規
□□□□□□□□□□□□□□□□□□和悠庵/野依祐月*新規
期間7(1月6日~2月15日):naonao/梅村直
期間8(2月17日~3月29日):SAWAKO KATAOKA/片岡佐和子

■2022出店者審査会
書類+サンプル審査:2022年3月23日(水)
面接:2022年3月28日(月)
審査委員(書類+サンプル審査)
・堀井好美:株式会社ゲインメディア事業本部 編集制作部兼営業部本部長
・中村益:ちゅうしんビジネスセンター顧問
・中西晶嗣:名古屋市経済局イノベーション推進部次世代産業振興課主査
・中野充康:株式会社国際デザインセンター専務取締役
審査委員(面接)
・中西晶嗣:名古屋市経済局イノベーション推進部次世代産業振興課主査
・川森裕子:株式会社国際デザインセンター総務部長

■クリエイター創業支援スペース creators shop Loop(クリエイターズショップ・ループ)
creators shop Loop(クリエイターズショップ・ループ)は、公募で選ばれたクリエイターに販売の場を提供し、名古屋地域におけるクリエイティブ産業分野の事業展開と創業をバックアップするショップです。輪のつながりを意味する”Loop”の名のもと、クリエイターとユーザーをつなぐ橋渡しの場をめざします。(創業:2011年11月16日)

営業日:無休(クレアーレ休業日、他入替日を除く)
営業時間:11:00〜20:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、変更の場合があります。
場所:クレアーレB1(デザインセンタービル地下1階)
事業主体:名古屋市
企画運営:株式会社国際デザインセンター
協力:株式会社ゲイン、中部デザイン団体協議会、特定非営利活動法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト

会場
  • クリエイターズショップ・ループ
    〒460-0008
    名古屋市中区栄3-18-1
    ナディアパーク・デザインセンタービル クレアーレB1

    アクセス
一般お問い合わせ
  • クリエイターズショップ・ループtel052-265-2106
プレスお問い合わせ

2022出店者

n’ui


(代表:岩崎久留美)
日本各地の生地産地の職人とともにオリジナルテキスタイルを制作。実際に生地に触れ、手を動かす事で生まれる気づきやデザインを大切に、生地作りから洋服作りまで、made in japanにこだわったものづくりをしています。

靴下のhacu


(代表:中村美穂)
靴下を“履く”ことに由来したブランド名「hacu」。home、amuse、cute、usefulという4つのコンセプトを込めました。遊び心あるデザインと履き心地にこだわった、家族みんなで履ける「シンプルでちょっとかわいい」靴下屋です。

SAMO serendipity


(代表:大崎綾)
普段の何気ない服装に帽子を。かぶる人もその周りの人も笑顔になる帽子。帽子1つでシンプルなスタイルが変わります。素材にこだわり、季節によって色を変え、少しでも多くの方にファッションのアクセントとして楽しんでもらえたら。

ツムギラボ


(代表:谷佳津臣)
ツムギラボは、生産工程に日本の伝統工芸を取り入れた協業ブランドです。長年受け継がれてきた技術や素材を、日常のアイテムに落とし込んだブランド「OSOCU」を中心に、地域性や顔の見える生産背景も重視しています。

Haya


(代表:中村紋佳)
「植物とあなたを香りで結ぶ」をコンセプトに、素材となる植物から蒸留抽出を行い、丹念に香りを制作しています。地域資源を活かし、日本の風景が浮かぶような心安らぐ香りづくりを目指し、皆様にお届けしていきます。

Pushpin by Seymour Chwast


(代表:今枝和仁)
NYポップアートの伝説が今蘇る!60年代「ポップアートの原点」と称された伝説のデザイン集団Push Pin Studios。その創設者シーモア・クワストの140作品が、最新のデジタル印刷によりTシャツとなって、今蘇ります。

cucuri


(代表:山上正晃)
伝統工芸「有松絞り」の産地で育まれたアパレルブランド。絞りの形状を記憶したマテリアルを中心に、シンプルでモードなデザインを展開。伝統の技術をデイリーに。身に着ける心地よさなど機能性も備えたアイテムを揃えます。

NUSA


(代表:岩田康行)
私たちの考える現代の三方のブランド「NUSA」は、神様に捧げる供え物“特別なギフト”を意味しています。尾張の地で作られる三方で使われる木曽のヒノキに、一つ一つ職人が曲げ加工や折加工をおこなった商品をお届けします。

wt


(代表:脇坂詩乃)
「同じような器にも一つ一つ個性とストーリーがある。」わずかな個性に着目し、今まで廃棄されていた量産の器たちをセレクトしています。個性を楽しみ、選ぶ人の感性で愛着のあるモノとして日々寄り添う器を提案します。

BLACK LEATHER WORKS


(代表:深見俊介)
「ALL BLACK LEATHER」のレザーブランド。流行に左右されず、飽きの来ない「黒」。時間をかけて深く美しく変化する黒革を、素材、デザイン、構造にこだわり、持ち主と共に時間を刻むアイテムとして提供するブランドです。

和悠庵


(代表:野依祐月)
『め・て・こころで感じる“錺(かざり)”』思い・祈りを込めて、伝統的工芸品「尾張仏具」の伝統工芸士が新しい形で製作する至高の逸品。手作業だからこそ表現できる“温かさ”を目で見て、手に取り、感じてください。

naonao


(代表:梅村直)
着物の上質な風合いを活かしながら「裂き織り」の技法で洋服や着物にも合うデザインのバッグや帽子などを制作。先人の知恵を受け継ぐことで日本の古き良きものを蘇らせ、永く大切に愛されるモノをお届けしています。

SAWAKO KATAOKA


(代表:片岡佐和子)
糸鋸で金属のパーツを切り出す技法「透かし」でアクセサリーを制作しています。今回は石を使った新作をお披露目します。シンプルながら身に着けると印象的なアクセサリーを、ファッションのアクセントとして楽しんでください。

クリエイターズショップ・ループのロゴマーク


クリエイターズショップ・ループmap



クリエイターズショップ・ループ2022出店者審査会



※掲載の情報は発表時点で最新のものですが、変更が生じることがあります。
※本サイト上に掲載の写真画像・図版などの無断転載はご遠慮ください。
※報道関連資料・画像などのご要望は、お問い合わせフォームでご連絡ください。