概要

 愛知県内のおよそ300人の女性建築士が所属する愛知建築士会女性部会では、よりよい住環境づくりを模索しさまざまな活動を続けている。91年からは一貫して「わたしらしい住まいづくり」をテーマに毎年展示会、セミナーを開いている。創立20周年を迎える今回のセミナーでは、数多くの住宅を取材・紹介してきた編集者・植田実と、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でもそのユニークな設計アプローチが注目された建築家・中村好文の両氏が語る。住まいづくりや空間づくりにおいて、時代が変わっても変わらないこと、大切なものとは何か? 自分らしい住まいッて?
 みんなで考えてみませんか?

女性建築士の作品パネル展

会員約30人の最近の住宅等の作品紹介とメッセージ「明日へのヒント」を展示。

会期=2007年12月19日(水) 〜24日(月・祝)※終了しました。
時間=11:00 〜 20:00 (24日は17:00終了) ◎会期中無休◎入場無料
会場=国際デザインセンター4階・デザインギャラリー

無料相談会

「女性建築士の作品パネル展」の期間中、会場で無料相談会を実施。

会期=2007年12月19日(水) 〜24日(月・祝)(但し、22日を除く)※終了しました。
時間=14:00〜18:00(24日は17:00終了)◎無料◎予約不要
会場=国際デザインセンター4階・デザインギャラリー

セミナー:植田実(編集者) ×中村好文(建築家)「住宅対談」(仮)

日時=2007年12月22日(土)15:30 〜 17:30 (受付15:00〜)※終了しました。
会場=国際デザインセンター3階・デザインホール
定員=450人
参加費=事前申込・前売1,000円(当日1,500円) ※当日お支払ください。

植田実
Makoto Ueda
編集者
中村好文
Yoshifumi Nakamura
建築家
1935年東京生まれ。60年早稲田大学第一文学部卒業後、「建築」編集に参加。67年鹿島出版社に移り、編集長として「都市住宅」を創刊。77年よりエー・ディー・エー・エディタ・トーキョー編集部。84年よりフリーの編集者。現在、住まいの図書館出版局編集長などをつとめる。71年ADC賞受賞。03年日本建築学会文化賞を受賞。著書に「アパートメント」平凡社2003年、「集合住宅物語」みすず書房2004年など。
1948年千葉県生まれ。72年武蔵野美術大学建築学科卒業。72〜75年宍道建築設計事務所勤務。76年都立品川職業訓練校木工科で学ぶ。76〜80年吉村順三設計事務所に勤務。81年レミングハウス設立。87年第1回吉岡賞受賞。93年吉田五十八賞特別賞受賞。現在、日本大学生産工学部教授。著書:「住宅巡礼」、「住宅読本」、「意中の建築」上下巻、「普段着の住宅術」他多数。

○参加のお申し込みについて
※終了しました。



展覧会・セミナー概要

セミナーお申し込み

会場のご案内・お問い合わせ